« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

木船造り。。。伝統最終

こんにちは~

今日の朝は少し肌寒くて・・・私的にはいい感じのスタートです

前回の和船造りも最終回に入り、黙々と作業をされていました。

船の側板の上部(コべり)の作業中で

取付けの桧材を見た時は曲がるの・・・・?

チョット無理してるかなぁ・・・て感じで拝見してましたが・・・

なんとか、取付け位置まで配置完了しました

その後どう取り付けしたかは・・・・・・?

小さな木造船は、木造り・墨付け・加工等を見ていると

すべてが造り手の感だと感じました。

感では弟子が居なかったら後に伝統を残すことは出来ないですねぇ

ダグラス・ブルックス氏はそれを図面と画像で残し、将来の為に保存と伝授

しているのには感謝すべきでしょが・・・日本人として少し悲しい様な気がします

Img_9198

側板の上部の材(コべり)の加工中です

Img_9388


Img_9382

応援隊が入り3人で
コベリを取り付け位置まで奮闘中

この地点で私的には・・・これは無理かなぁ

・・・思い見てました。

Img_9395

この後の、作業は拝見できず終了してしまいました。

現在・・神戸市中央区熊内町7-5-1

竹中大工道具館 TEL078-242-0216

休館日(月曜日)

に展示してると思いますので興味のある方は

是非見に行ってください。

私も最後の作業見ていないので時間出来たら行ってきます

楽しみ又一つ増えました・・・ハハハ

お疲れ様~~~


伝統パート2

こんにちは~~

まだ梅雨には入ってないのですが…雨よく降りますねぇ

今年は空梅雨かも、しれませんねぇ

私たち建築業は雨降ると大変です

工事の予定も随分遅れてしまうので・・・トホホ

さて・・・船造りは大丈夫かなぁ・・・・?

今回は底板部分の焼き曲げの様子をご紹介します

厚さ60㎜の杉板を火で焼きながら水を掛けて

少しづつ曲げる工法。

Img_9062

作業開始から2時間経過しました

手前の方が船大工の村上氏

曲がり具合に満足そうでした・・・ハハハ

Img_9074

火を焚き・・・水を掛けその繰り返しでググ~~と

曲がりましたねぇ

Img_9077

家具の材料では蒸気で曲げたりしていますが、大きさに限界がありますよねぇ

この焼き曲げ工法では、大きさは関係なく出来そうです、これも昔からの

伝統でしょうか。

次回またお楽しみに~~

お疲れ様でした。

           http://sanei-koumuten.jp

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

会社

  • P1080101
    当社はJR塚本駅より徒歩6分(阪急十三駅より徒歩20分)自動車では、阪神高速池田線【塚本】出口より3分程の場所にあるマンション1階に事務所を構えています。 近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。 お待ちしております。